スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「フランケンウィニー」

ブラックな部分はあるものの、ほのぼの系の作品だろうと思ってみたのですが、実際にはまるっきりホラー映画でした。クレイアニメのかわいげのある造形なのでまだ笑って観てられますが、これを実写でやられたら悪趣味以外のなにものでもないかも。さすがはティム・バートン監督だわ(苦笑)。

2012年公開 / アメリカ / ティム・バートン監督 / ☆☆
スポンサーサイト

2013.06.10 07:14 | 映画な日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

「ディア・ドクター」

人の命を預かる医師という職業に負わされる責任は極めて重い。それゆえに医師になるには資格が要り、その素質を問われるわけですが、医者というものは資格があるからといってなれるものではないのでしょうね。資格、経歴重視の医者制度、地方の村の医者不足の現状、いろいろ考えさせられる作品だと思います。
観賞後の後味が意外と悪くないのは好印象でした。

2009年公開 / 日本 / 西川 美和監督 / 笑福亭鶴瓶主演 / ☆☆☆☆☆

2013.02.02 21:19 | 映画な日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

「パンダコパンダ 雨降りサーカスの巻」

子供に見せようと録画していたのですが、さすがは宮崎アニメ。古さを全く感じさせないおもしろさでした。
特に「雨降りサーカス」には後の作品につながるシーンがいくつもあり、宮崎アニメの原点を感じることが出来ます。一度ご覧あれ。

1973年公開 / 日本 / 高畑 勲監督 / 杉山佳寿子主演 / ☆☆☆☆

2012.12.24 22:39 | 映画な日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

「カールじいさんの空飛ぶ家」

公開当時から観たいなーって思ってて、CD屋さんでDVDを見かけたので思わず買ってしまいました。

ほのぼのとした感動の名作を期待して観たのですが、3Dを意識して作られたせいかドタバタアクション満載の出来で、正直ガッカリでした。ランボーばりのアクションをこなすカールじいさん。主人公がじいさんである必要がないやんかと思わずつっこまざるを得ません。いい題材だけに惜しい出来です。

2009年公開 / アメリカ / ピート・ドクター監督 / エドワード・アズナー主演 / ☆☆

2010.05.04 17:19 | 映画な日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

「WALL・E」

いまさら感がありますが、感動作と聞き見てみました。
印象に残ったのは前半の地球のシーン。サイレント映画かと思わせるほど台詞がなく、その分、映像と効果音による演出が効いてて、ヘェーと思わせてくれます。
後半のドタバタな展開はお約束ですが、よくまとまった安心して観れる作品です。でも、子供にゃちょっと難しいテーマかもね。

2008年公開 / アメリカ / アンドリュー・スタントン監督 / ベン・ハート主演 / ☆☆☆☆

2010.01.20 22:52 | 映画な日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。